プロダクトデザイナーyaemonが綴る、おいしいデザインのレシピ帳。JUGEM改悪により更新無期限停止。
Life with photograph
by Flickr
Newer Timeline
UNIQLOCK
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

固定リンク | - | - | - |
靴を履いたおはし(フランスの雑貨)
yaemon
Pylones おはし
Pylones(ピローヌ)製、逆さにすればフォークとしても使えるおはしです。
ちなみに使ってません、飾りです。もったいなくて。
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(1) | - |
iPod touch。
yaemon
iPod touch
新しく、理想に近いiPodが遂に発表されましたね。
iPod touchは言うなればケータイ機能を省いたiPhone。
通話を除くすべてのiPhoneと同じ機能・マルチタッチUIが体験できる。

もちろん発表されてすぐ、プレオーダーした私がいます。
最高のオモチャ、早く届かないかな。ワクワク。

固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | - |
ダイヤモンドカットのデザイン、Prism collection
yaemon


こんなデザイン手法があったとは!
目から鱗。
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | - |
Microsoftが発表したマルチタッチUI「Surface」は、、、
yaemon

まさに学生時代思い描いていた「2010年の未来のプロダクト」。
だけど机上の空論ではなく、実際のカタチとなって発表されると実に感慨深い。

デジカメを無造作にテーブルの上に置くと、自動でデータを吸い取って(しかもクレードルやUSBを経由するといった面倒な作業も無く)デーブル上のタッチスクリーンに画像が表示される。

画像の拡大縮小や回転といったこれまでPC上でいちいちアプリケーションを立ち上げないと出来なかった事が、手を使って直感的に、リアルタイムに操作できる所!
またその画像をケータイで見たい場合、同じくテーブルに無造作に置かれたケータイ目がけてタッチスクリーンを指で滑らせると、、、いとも簡単に画像が転送できる。

こういったUIの創り込みも、感性工学に基づいており非常に関心させられます。
2010年になればこんなモノが出来るだろうと(自分の中で勝手に)思っていたものが本当に出てきちゃった。

というおどろき。
もはや2010年はすぐそこにまで迫っているかのよう。

固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | trackbacks(4) |
指輪のような「Cup Ring」
yaemon



今月号のNIKKEI DESIGNを読んで初めて知り、以来気になっている「Cup Ring」。

本体はセラミックで成形され、リング部分が金/銀色に塗装されています。
さらにその上に、スワロフスキークリスタルがちょこんと。
まるでマジックにかけられたような、なんとも不思議なこのマグカップ、3,675円。

パッケージは本体が隠されてリング部分だけが見えるのみで、
取り出した瞬間にタネ明かしされるデザイン。粋です。凝ってますね〜
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(1) | trackbacks(0) |
au design project / INFOBAR 2
yaemon
東京デザイナーズウィーク期間中、原宿のKDDIデザイニングスタジオにて
INFOBAR 2のコンセプトモデルを展示する「INFOBAR展」が開かれるようです。

携帯電話のデザインに革新をもたらした INFOBAR。
その発売からちょうど3年を迎える2006年10月31日より、
深澤直人氏デザインによる
INFOBAR後継機をイメージしたコンセプトモデル「INFOBAR2」を展示。

またコンセプター坂井直樹氏と3名のクリエイターによる「Trilogy展」、
こちらもなんだかわくわくさせてくれるようなコンセプトデザインを提示してくるのでしょう。

今年のデザイナーズウィーク、デザインタイドも面白い事になってきました。
>>>au design project 2006
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | trackbacks(1) |
アフォーダンスのたくらみ。
yaemon
innocent Shop Bag Clock
私達がふだんよく使う、
ショッピングバッグをメタファー(隠喩)とした置き時計。
取っ手がついた事で、それは「持ち運べる」というアフォーダンスを示している。

しかし、取っ手がついたことで持ち運ぶという行動が促進されるとは限らないが、
震災が起こったときなどは重宝しそうだ(ラジオやLEDライトが内蔵されていればの話)。

デザイナーは磯野梨影さん。
AssistOn / innocent "Shop Bag Clock" にて。
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | trackbacks(0) |
携帯端末の個性はドライブモードボタンに現れている?
yaemon
ITmedia +D モバイル:車アイコンで分かる携帯の「個性」
携帯のドライブモードボタンのアイコンから、その端末の個性が分かるという。車のアイコンがあるドコモとウィルコムの端末を見比べてみた。

この記事はいいポイント突いています。なかなか面白い見方をするんですね。
ちなみに私のWX300Kはハッチバック風のアイコンでした。


固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | trackbacks(0) |
メモ
yaemon

iPodのクリックホイールを開発したメーカー、Synaptics社の新ユーザーインタフェース(UI)を搭載した次世代携帯電話のコンセプトモデル「Onyx」。

Synaptics Products Onyx Concept
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | trackbacks(0) |
SOU・SOU、スニーカー地下足袋。
yaemon

(写真:LOHAS Design Award にて)

大正時代にほぼ今の形に完成した地下足袋に「健康」という視点からシューズとしての改良を加えたのが、このSOU・SOUの足袋スニーカー。

足の指を広げ、地面をしっかり掴み取る足袋ならではの感覚は、歩行時バランスを自然に矯正し、姿勢を美しくまっすぐに伸ばしてくれる。

デザインとしてはとても面白い!けど
実際履いてみたいか?かどうかと聞かれると躊躇してしまうのは伝統がなせるワザだと思います。
固定リンク | 【デザイン】Product | comments(0) | trackbacks(0) |
new old

最近の日記
カテゴリー別の日記
各月の日記
最近のコメント
Blogリンク
Feed
みんなのブログポータル JUGEM