プロダクトデザイナーyaemonが綴る、おいしいデザインのレシピ帳。JUGEM改悪により更新無期限停止。
Life with photograph
by Flickr
Newer Timeline
UNIQLOCK
<< 国際デザインコンペティション2006受賞。 | TOP | いま最も気になるデジイチ、K100D。 >>
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

固定リンク | - | - | - |
新宿サザンビートプロジェクト「新宿ID」。
yaemon
新宿サザンビートプロジェクト
私は仕事の関係でよく新宿へ行くのですが、
今日のJR新宿駅南口も、やはり、例の仮囲いがありました。

工事現場の仮囲いである。

仮囲いというと無機質なイメージでできれば避けて通りたいところですが、
ここ新宿では逆の発想の試みが行われている。
180人以上のポートレートが300メートル以上にわたって並び、モデルのほとんどは一般の人たちで、
付近の路上や店内などで写真家の吉永マサユキ氏によって撮影されたという。
一般の人に混じって、今日は、俳優の哀川翔氏、写真家の森山大道氏などの著名人も混じっていました。
(過去に永瀬正敏氏も混じっていた事アリ)

しかもコレ、もともとは工事への理解と関心を深めるために「新宿サザンビートプロジェクト2006」として行なっている事業の一環ではあるが、それが写真空間(というより写真家の展示場?)として異質な空気を放っているのだから世の中面白いなあ〜。

味気ない工事現場の仮囲いを、アートにしたものは過去に表参道ヒルズなどがあったようですが、
ここまでインパクトがあるのも新宿という街ならでは。まさに「世相を写す鏡」ですね。

【写真展リアルタイムレポート】吉永マサユキ「新宿ID」
固定リンク | 【デザイン】Visual Com. | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク
固定リンク | - | - | - |
千葉の、、といえばネズミさんのお家ですね(笑)
やっぱり夢を売るところだから、そういう仕掛けがあっても不思議ではない。でも面白い☆
パリのヴィトンの工事現場もかなり面白かったし!

そういう発想の転換で、実に味気ない所が多い日本の公共空間も、より面白くなっていけばいいんだけどなあ〜。
by 管理人wataru (2007/02/14 10:02 PM)
昨年のGWに千葉県の某人気テーマパークへ行った時、
とある城の大規模な工事をしてたのだけど
その工事現場の仮囲いにキャラクターの絵がたくさん書いてあったのね。

同時に園内の様々な所に同じようなペイントがしてあって、
それを「落書きした犯人を捕まえろ!」っていうように
1つのイベントとして作り上げてしまう所は
「さすがだなー」と思ったよ。

発想の転換って、こういう事なんだなって思った。
by のぞみ (2007/02/14 2:21 PM)







この記事のトラックバックURL : http://dragonflys.jugem.jp/trackback/328

最近の日記
カテゴリー別の日記
各月の日記
最近のコメント
Blogリンク
Feed
みんなのブログポータル JUGEM