プロダクトデザイナーyaemonが綴る、おいしいデザインのレシピ帳。JUGEM改悪により更新無期限停止。
Life with photograph
by Flickr
Newer Timeline
UNIQLOCK
<< Runaway Bride | TOP | IKEA ポーアイ >>
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

固定リンク | - | - | - |
FREE TIBET!
yaemon
YouTube - 他国に来て指図する支那人、聖火リレーの主旨を理解せず。 the "Men in Blue?"


【マスコミが報じないリレーの真実】
長野のスタート地点で既に聖火は消えていた。
中国側のスタッフがライターでトーチに再び火を付けたため、これには星野監督も苦笑するしかなかった。


長野でのリレーが終わった(あんなものは聖火とは呼べない、敢えてリレーと呼ぶ)。
正直、マスコミの偏向報道と当日詰めかけた大量の支那人による暴挙には怒りを感じています。

出発地には日本人含むチベット支援者は立ち入る事ができず、
ゴール地(若里公園)では閉会式からかけ離れた一角に隔離され、逆に暴徒と化した支那人は野放し。
沿道では赤い旗を持った集団に罵声を浴びせられ、チベット国旗やプラカードを取られ、時には殴られ、
それでも警察官は見て見ぬふりを決め込む。
逆にチベットサポーターが赤い国旗にちょっかいを出そうものなら、すぐさま警察官がやってきて仲裁に入る。

テレビ局は中国寄りの発言や映像ばかりを流している。
警察は赤い国旗を持った人たちの走狗になりはて、日本のジャーナリズムは地に落ちた。
「警備の為にやむなし」それは理解ができる、しかし、余りにも媚中過ぎる。
「日本人(亡命チベット人)は逮捕しても、中国人は逮捕しない。」これが本当に民主主義の在り方なのだろうか。

そして世界中で何故これほど迄に歓迎されていない聖火リレーがあるのか、支那人はちゃんと理解できていますか?
彼らのただの自己満足によるお祭りと成り下がってしまったリレーと、
チベット問題は無視ですかせめて笑顔で走るのはやめてくれ日本人走者には失望。

メダリストから絶大な支持を受けている砲丸職人さんのボイコットや、
虐殺されたチベット人の追悼法要をリレー当日に執り行った善光寺といった
福田政権が見習うべき「暴力を用いない平和的な抗議活動」を、きちんと報道してきた国内メディアを私は知らない。

情報鎖国とならない為にも、私たちは真実を正しく正確に知る必要がある。
そして、そもそもはオリンピックを中国で開催する事自体が間違いだったんだ。


(私は日本が好きで人の良い中国人を多く知っています。すべての中国人が嫌いというわけではありません。
また、一番の悪者は中国共産党にあると考えています。
1大政党がメディア規制やでっちあげを平気で行い、自国民を統制している事実がそもそもの諸悪の根源。
現代の中国の若者は天安門事件を知らないという、彼らもまた中国共産党に操られた被害者なのだ。)
固定リンク | つれづれ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク
固定リンク | - | - | - |








最近の日記
カテゴリー別の日記
各月の日記
最近のコメント
Blogリンク
Feed
みんなのブログポータル JUGEM